協会概要


名称
特定非営利活動法人パソコン整備士協会
理事長
田中 正次
住所
〒101-0052
東京都千代田区神田小川町2-1 檜ビル6階1号室
電話
東京 03-5577-6182(代表)
FAX
東京 03-5577-6183
e-mail
npopc@pc-seibishi.org
事業内容
1. パソコン整備士資格の認定試験実施
2. パソコン整備士資格の認定
3. パソコンの整備・修理に関する講習会の実施
4. 会報及び出版物の発行
5. 仮想化基礎検定試験の実施
設立
2002年 1月8日内閣府認証


協会の目的

 情報通信技術(IT)の発展とともに社会も急速に変化しています。インターネット社会の充実発展の不可欠な条件として、個人情報の保護や情報倫理の形成、更にはセキュリティ対策「安全性」と「信頼性」の確保が重要とされてきています。一般企業や個人が保有するパソコンの保守・点検・整備・修理を担うメンテナンス要員には、技術・知識レベルの確認に加え、個人情報の保護及び情報モラルの遵守が求められるようになって参りました。
 このような時代要請の中で、メーカー・ベンダーにとらわれず、IT分野・インターネット社会で通用する広範で体系的な標準スキルを身に付け、個人情報の守秘義務を遵守できる人材であることを証明するものとして誕生したのが、パソコン整備士です。現在、パソコンに関する資格は数多く存在していますが、その中でもパソコン整備士は、個人情報の保護及び情報倫理の遵守を大切にしています。就職や転職、自営、開業、SOHOの手段として雇用に直結する時代のニーズに合った実用性の高い資格といえます。
 この資格の運営母体であるパソコン整備士協会は、特定非営利活動促進法、いわゆるNPO法に則して設立されております。これにより設立されたNPO法人は、協会の目的・趣旨にご賛同くださる方々の会費で運営され、営利を目的としたものではなく、不特定かつ多数の方々の利益増進に寄与することを目的に活動しており、それは、社会的使命を受けていることを意味しております。そこで当協会は、パソコンのハードウェア・ソフトウェアのトラブルに対応できず、十分にその活用ができない不特定多数のパソコン使用者に対して研修、講演会を開催して参ります。その他、整備・修理を行う人材の育成と技術の向上を目的とする研修、資格制度の啓発と普及を行うことにより、充実した情報技術社会の恩恵を全国民が享受できる社会の実現に貢献できる様、さまざまな活動を行っております。



NPO法人について

NPO法人とは

NPOとは、ノン・プロフィット・オーガニゼーション(Non-Profit Organization)の略称で、一般には民間非営利組織と訳されます。 私たちが必要とするサービスの提供者には、民間と非民間(行政・政府)の2つ、内容は営利と非営利に分かれます。 非民間で非営利サービスを提供するのが行政、民間で非営利サービスを提供する組織がNPOです。 NPOを広く捉えると、社団法人、財団法人、任意のボランティア団体も入りますが、狭く捉えると、NPO(特定非営利活動促進)法によって成立したNPO法人を指します。


NPO法とは

市民団体が継続するには、法人格など社会基盤が必要です。これまで市民団体が法人格を取るには、民法の社団・財団などを選択することが一般的でした。それには所轄官庁の許認可や準備資金の面で困難を要しました。 そんな折、阪神淡路大震災での市民団体の活躍などをきっかけに市民団体の法人格取得を容易にし、 活動の促進を目的としたNPO(特定非営利活動促進)法が1998年に成立しました。

(特定非営利活動が認められる17分野) ◎保険・医療または福祉の増進を図る活動
◎社会教育の推進を図る活動
◎まちづくりの推進を図る活動
◎学術、文化、芸術又はスポーツの振興を図る活動
◎環境の保全を図る活動
◎災害救援活動
◎地域安全活動
◎人権の擁護または平和の推進を図る活動
◎国際協力の活動
◎男女共同参画社会の形成の促進を図る活動
◎子どもの健全育成を図る活動
◎情報化社会の発展を図る活動
◎科学技術の振興を図る活動
◎経済活動の活性化を図る活動
◎職業能力の開発又は雇用機会の拡充を支援する活動
◎消費者の保護を図る活動
◎前各号に掲げる活動を行う団体の運営又は活動に関する連絡、
 助言又は援助の活動

制度についての詳しい説明は 内閣府NPOホームページ のWebサイトをご覧ください。